ホーム > お知らせ&コラム

お知らせ&コラム

胃内視鏡による胃がん検診を始めます (2017.07.12)

本年4月から胃内視鏡(胃カメラ)による胃がん検診が始まりました。従来は、胃がん検診はバリウムによるレントゲン検査診断のみでした。当院も以前から胃内視鏡検査は行っていましたので、今回から胃がん検診を開始します。尚、胃内視鏡による胃がん検診では、二人の内視鏡専門医によるダブルチェックでの診断が義務付けられています。当院では、内視鏡専門医且つ消化器専門医である副院長の小林隆彦と、原対協(公益財団法人広島原爆対策障害対策協議会)在籍の当該専門医にお願いしてダブルチェック体制で診断を行います。当院では、検査は予約制にしていて、内視鏡検査人数には制限がありますので、予め電話等でご確認をお願い致します。