ホーム > お知らせ&コラム

お知らせ&コラム

血液検査でのがん検診(AICS)を行っています。 (2018.05.30)

色んな臓器のがんを発見する方法は、腫瘍マーカーや画像検査(超音波検査、CT検査、内視鏡検査等)などがあげられますが、必ずしもそれらがすべて早期発見できるわけではありません。
最近では、アミノインデックス(がんリスクスクリーニング以下AICS)という、がんを早期発見できる可能性のある検査が普及し始めました。これは「がんになると、早期の段階からアミノ酸濃度のバランスが変化する」という特徴を活かし、血液中アミノ酸濃度を測定することで、「健康人」と「がんである人」のアミノ酸濃度のバランスの違いを統計的に解析して、現在がんである可能性を評価する検査です。
このAICSの特徴としては、5mlの採血のみで一度に複数のがんの可能性を同時に評価できます。早期発見が難しく難治がんをいわれる膵臓がんをはじめとして、胃がん、肺がん、大腸がん、前立腺がん、乳がん、子宮がん、卵巣がんなどが対象となります。
当院でも、このAICS検査を広島市医師会臨床検査センターに委託し行っております。費用は保険適応外であり、全額負担で3万円となっております。(結果報告は約2週間かかります)
尚、この検査は予約検査となっており、また多少の注意点も必要ですので、あらかじめ当院に受診していただくことになります。ご興味のある方はぜひ一度ご相談いただければと思います。